医務室 看護技術

MENU

医務室で働く為に必要な看護技術

企業の医務室などで働く看護師さんにとって必要な技術はどういったものがあるのでしょうか。
基本的に企業の医務室で勤務すると言った時には企業によってその業務内容が変わってくると言えます。

 

ですが、一般的に求められるのは幅広い保健の知識であると言っても良いでしょう。
健康診断をしたり、保健指導を行ったり、怪我をした時の簡単な手当をすることもあります。

 

また、その企業で働いている社員の方の病気の相談に乗ると言ったようなこともあるでしょう。
そうした時にきちんと対応出来るように幅広い保健の知識があると良いでしょう。
飽くまでも企業の医務室での勤務においては何からしら特別な技術が必要になると言ったことはないと言えます。

 

ただし近年ではメンタルケアの仕事をこなさいといけないことも多いので、メンタルケアの知識などは必要となってくるでしょう。
臨床心理士の方が勤務しているような医務室もありますが、多くの場合は看護師の方のみと言ったケースになりますので、メンタルケアのことを考えれば知識や技術はある程度持っていた方が良いと言えますね。

 

産業保健に関しては専門的な知識が求められることも多くなっていますので、禁煙支援認定看護師などの資格を持っていると有利になります。
また、海外勤務健康管理指導者などの資格も持っていることで企業の医務室へと就職をする時に有利になると言えるでしょう。
近年ではこうした企業の医務室へでの看護師への需要は高まっていると言っても良いでしょう。
そうした時に、健康診断など社員の健康データを管理するようなこともありますのでパソコンの扱いもある程度は必須だと言えるかもしれませんね。

 

 

≫≫医務室への転職を成功させるポインと専門サイトはこちら